破かないようにきちんと装着する

コンドームの正しい使い方やつけ方をちゃんと理解していないという人はかなり多いです。

ちゃんと正しい方法でコンドームをつけるようにしなくては、コンドームの隙間から精液が流れてしまって妊娠をしてしまったり、粘膜に菌が付着してしまって、性感染症を移されてしまう可能性が高くなってしまいます。

まず袋からコンドームを取り出すところから始めるのですが、袋を破るときに、コンドームまで破ってしまうということが結構多いです。

特に最近は、かなり薄いコンドームが主流になってきているのですが、薄いコンドームは耐久度もそれだけ低くなっており、ちょっとしたことで破れてしまいます。

破れてしまうと、そこから精液が出てしまう可能性が高くなってしまいますから、もしもコンドームが破れてしまったら、そのまま使うのではなく、新しいコンドームを取り出すようにしてください。

そして、コンドームには精子溜まりがあるのですが、ここに空気が溜まってしまって、ペニスとコンドームの間に隙間ができてしまうということも少なくありません。

このように風俗では、装着をする前に精子溜まりを少しねじるようにしてから、亀頭に付けて、そのまま根元にリング部分を移動させるようにしましょう。

なお、一度装着したコンドームをまた使おうとしたり、勃起しなくなってしまって、コンドームが伸びきってしまった状態になってしまったのであれば、新しいコンドームを使うようにしましょう。

射精後は、勃起力がそのまま低下してしまいやすいですが、勃起力が低下してしまうと、コンドームに隙間ができて、そのまま膣内に精液が入ってしまうことも多いです。

ですから、射精をしたら、すぐに女性器から抜いて、コンドームを外しておきましょう。